イノジェクターによる傷跡治療

2017年11月25日

ケロイド、傷跡、白い傷跡……

怪我や手術の傷跡が気になることがあります。

ケロイドの治療としては、保険治療として、飲み薬や貼り薬、注射による治療などをおこなって、症状を改善させます。

傷跡が成熟している場合には、手術によってより目立たなくしたり、フラクショナルレーザー等で治療することで、はっきりとした傷跡をボカしてわかりにくくしていくこともあります。

つっぱり感のある傷跡や拘縮のある傷跡、膨らんでいる傷跡にはこれまで手術治療の効果が高かったのですが、イノジェクターによる治療においては、手術しないでも、それらの状態を改善てくれます。

硬さを感じていた傷跡や突っ張る感じのする傷跡が、イノジェクターの治療によって、その症状がとれる状態です。

複数回の治療が前提になりますが、1回ごとに変化を感じていただける治療になています。

ダウンタイムは長くはないので、違和感を感じる傷跡があれば、おすすめな治療になります。

 

イノジェクター

タグ: ,