ピアスを開けることは、医療行為ですので医療機関で開けましょう。
18金などのピアスによる皮膚トラブルもあります。ファーストピアスは純チタンやセラミック軸のピアスがおすすめです。
当院では、ピアス前麻酔できますので、痛みを感じることはありません。

ピアス穴あけの流れ

ピアスの穴あけは、診察を受けた当日に治療できます。
ピアスについては、その後のケアも必要になります。

1. 診察・カウンセリング

診察において、希望する位置を確認します。

2.治療

希望した位置に麻酔して、ピアスを装着します。

3. アフターケア

ピアスは、そのままピアスホールが作成されるまで装着し続けます。
ピアスと傷口を清潔に保つために、1日1回シャワーで清潔にして処置していただきます。
約1か月すると、ピアスホールが完成しますので、その後は、自由にご希望されるピアスに交換していただけます。

よくある質問

当日の治療はできますか

できます。

つけたいピアスがあるのですが、つけていただけますか

持参されるピアスの軸の長さ、材質によりますが、ファーストピアスとして使用できるものであれば、つけることはできます。

ピアスをした部分が化膿することはありますか

ピアスホールも傷ですから、化膿することはあります。化膿した場合には、すみやかに治療することが望ましいですから、診察を受けて治療を行いましょう。