形成外科

湿潤療法

皮膚外傷・皮膚損傷において、消毒せずガーゼで覆わない治療方法になります。
基本的な治療方針は、

キズを消毒をしない

キズを乾かさない

キズ及びキズの周囲をよく洗う

ことです。
その結果、痛みなく速やかに治癒することが期待できます。

湿潤療法で治す

治療開始5日です。痛みなく、すみやかに治療することができます。

ニドークリニック名古屋の予約

創傷被覆材

プラスモイスト

湿潤療法をされている夏井先生が、瑞光メディカルと開発された商品です。
創部にくっつかないで、創部を乾燥させないで、余分な浸出液は排出するというすぐれものです。
やけどや、擦過傷(擦り傷)などを治療するときには、とくに効果を発揮します。

アルギン酸塩

カルトスタットやソーブサンなどがあります。
アルギン酸塩が浸出液を吸収して、湿潤環境を保持します。
アルギン酸塩には、強力な止血作用があるので、ジワジワと出血が続いているキズに使用すると効果的です。
フィルムドレッシング材などで被覆する必要があります。

ハイドロコロイド

デュオアクティブやアブソキュアなどがあります。
粘着性があり、薄い製材(デュオアクティブETなど)はしなやかであるため、顔面の創傷に使用するとよくフィットして使いやすいです。また、色調も肌色とは言いませんが、肌に貼付しても違和感が少ないと思います。
浸出液を吸収するとゲル化するので、交換する際に創面に固着しません。
ただ、小さなお子さんでは接触性皮膚炎(かぶれ)を起こすことがあるので、ちょっと注意が必要です。

ニドークリニック名古屋の予約
お問い合わせ・ご予約は、電話052-963-0210 料金表 植毛治療 院長のブログ ニドークリニック名古屋@スタッフブログ 今月のキャンペーン

診療時間

9:30~18:00 (予約制)

休診日

月・木曜日
土日祝日診療

診療日

Calendar Loading
Calendar Loading
親権者同意書