形成外科

眼瞼下垂

眼瞼下垂とは、まぶたが下がっている状態です。
原因として、生まれつきの場合、コンタクトレンズによる場合、加齢による変化、などあります。

症状

まぶたの開きがわるいために、目が開けづらい、目が重たい、おでこにシワができる、等の症状がでます。頭痛や肩こりの原因になることもります。

治療

まぶたの開け閉じをする筋肉である、眼瞼挙筋の腱膜を修復する手術します。眼瞼挙筋腱膜の固定や、眼瞼挙筋の短縮をおこなうことで、まぶたの開きを改善させます。

まぶたを開ける筋肉の機能によっては、眼瞼挙筋の手術だけでなく、筋膜移植による手術を要することもあります。

眼瞼下垂の治療

治療について

治療時間 約45~90分
腫れ 手術後7~10日でつよい腫れはひいてくる
内出血が生じた場合は1~2週間でひいてくる
手術後の通院 1週間で抜糸
麻酔 局所麻酔

ニドークリニック名古屋の予約
お問い合わせ・ご予約は、電話052-963-0210 料金表 植毛治療 院長のブログ ニドークリニック名古屋@スタッフブログ 今月のキャンペーン

診療時間

9:30~18:00 (予約制)

休診日

月・木曜日
土日祝日診療

診療日

Calendar Loading
Calendar Loading
親権者同意書