いれずみ治療

入れ墨があると、就職等で社会的に不利になることがあります。
そのような場合には、入れ墨を除去する治療を行います。
入れ墨の治療には、レーザー治療、切除治療、剥削治療等がありますが、どの治療がよいかについては、皮膚の状態や入れ墨の状態を診察で判断する必要があります。

レーザー治療

いれずみ治療 レーザー治療

当院では、QスイッチYAGレーザーを用いて、入れ墨のレーザー治療を行なっています。
レーザー治療の場合、黒系の入れ墨において、よく反応しますが、赤系であっても治療ができます。

2~3か月に1回ずつ治療を行うことで、徐々に薄くなっていき、わからない状態になります。自分で墨汁をいれた入れ墨のような場合においては、1回でほぼわからなくなる場合もあります。

レーザー

切除手術

いれずみ切除

いれずみのはいっている皮膚を切除することによって、いれずみを除去する治療です。
いれずみの入っている部位や大きさによっては、1回の治療では切除しきれないことがあり、複数回の治療を要することがあります。
切除した部分は、縫合された線状の傷跡になるため、入れ墨があったことがわからなくなります。

いれずみ剥削手術

切除方法で、切除できない部位や大きさのいれずみを除去するために、皮膚を削り取る治療です。
皮膚を削ることで、入れ墨をなくなります。
いれずみがカラフルな場合で、レーザー治療での治療が難しい場合でも、治療出来ます。
治療した部分は、全体が傷になりますが、湿潤療法を行なって、すみやかに治していきます。

料金

いれずみ
レーザー治療 1cm×1cm 10,000
10cm×10cm 100,000
 切除縫合治療  30,000~
いれずみ剥削治療 50,000~

※費用は大きさや状態によって異なりますので、診察で費用についてはお話させていただいております。