化膿した粉瘤の治療

2017年08月09日

粉瘤は、皮膚にできるできもの(腫瘍)で、よくみかけます。
通常は、皮膚にしこりを触れるものの、痛みとかの症状はありません。

但し、炎症をおこすことがあり、そうなると赤く腫れて、痛みが生じます。
抗生剤を飲んで炎症を引くことを待つのも治療方法の1つですが、痛みがすぐに無くなるわけではありません。

化膿した粉瘤

炎症がって、化膿している場合には、化膿している部分を切開して、内容をとりだすとともに、粉瘤の袋も除去することで、痛みや腫れが速やかに引きます。


(↑治療後2週間: 赤みはもっと目立たなくなります)

治療に必要となる切開の傷跡もあまり目立ちませんので、腫れや痛みが強くある場合には、早期に治療を行うことがよいですよ。

粉瘤の治療

カテゴリー: 皮膚科・形成外科 タグ: , , , ,