アトピー性皮膚炎

にきび

にきびは誰でもできることがありますが、自然にすみやかに治まる方もいれば、できたりよくなったりを繰り返す方もいます。

症状

毛穴の部分の炎症ですが、皮脂等の影響をうけて、炎症が続いたります。
白にきび、黒にきび、赤にきびの状態が生じます。
ニキビの炎症が続いた状態になると、その部分がにきび跡の状態になって残ることもあります。

治療

患者さん個人個人の症状に合わせた治療が必要です。
抗生剤の内服や塗り薬の治療だけでなく、 抗生剤以外の、ディフェリンゲルや漢方薬が効果ある方もいらしゃいます。

診察・治療は健康保険での治療になります。

にきびの排膿

白にきびのときは、膿をだすことで、にきび状態がすみやかによくなります。
治療の際に炭酸ガスレーザーを用いると周囲の炎症も早くよくなる印象です。

Pクリアレーザー治療(にきびレーザー治療)

赤にきび、赤ニキビ跡になっている肌に、Pクリアレーザー治療(にきびレーザー治療)療を行うことで、にきびの赤み、にきび跡の赤みを改善させる治療です。
2~4週間に1回ずつの治療を行います。
Pクリアレーザー治療(にきびレーザー治療)は健康保険の治療の対象にはなりません。

にきび跡

にきびの状態が続いた後、その部分が赤いにきびの跡や凹凸のあるにきびの跡になることがあります。

にきび痕の治療

症状

凹凸があり、いわゆるクレーター状の跡になってしまっている状態です。

治療

白いクレーター状になっているニキビ跡には、フラクショナルCO2レーザー治療をおこないます。 2~4週間に1回ずつの治療を行うことで、クレーター状になっているにきび跡を改善させます。
赤ニキビ跡の状態の場合は、フラクショナルCO2レーザー治療以外に、Pクリアレーザー治療(にきびレーザー治療)を行うこともできます。Pクリアレーザー治療(にきびレーザー治療)は、2~4週間に1回ずつの治療を行います。Pクリアレーザー治療(にきびレーザー治療)は、ダウンタイムがまったく生じないため、日常生活をしながら気軽に血量を受けていただくことができ、また、治療効果としての満足度が高い治療です。

フラクショナルCO2レーザー治療は、クレーター状のにきび痕の治療として効果が高いですが、ダウンタイムが長めであることがデメリットな治療です。ダウンタイムの短縮のために、フラクショナルCO2レーザーでなく、フラクショナルRF(ニードルRF)による治療を行っています。
フラクショナルRF(ニードルRF)治療は、フラクショナルCO2レーザー治療に比べて、ダウンタイムの期間が短く治療ができます。

ニドークリニック名古屋の予約
お問い合わせ・ご予約は、電話052-963-0210 料金表 植毛治療 院長のブログ ニドークリニック名古屋@スタッフブログ 今月のキャンペーン

診療時間

9:30~18:00 (予約制)

休診日

月・木曜日
土日祝日診療

診療日

Calendar Loading
Calendar Loading
親権者同意書