しみ・そばかす・肝斑治療

しみには、いろいろなタイプがあります。
タイプに合わせた治療を行うことで、効果的な治療が行えます。
治療としては、飲み薬、塗り薬、レーザー治療等の方法があります。

 

レーザー治療

しみの色調に選択的に反応するレーザーを照射することで、しみの治療を行います。
治療した部分は一旦カサブタになりますが、5~10日程でカサブタはとれてきます。
脂漏性角化症の場合には、フラクショナルCO2レーザーにて治療を行うこともあります。
しみに対するレーザー治療は、効果が高いですが、肝斑の場合には、通常のレーザー治療はおこなえません。肝斑の場合、肝斑が合併している場合には、トーニング治療で治療します。

レーザー治療

1.診察・カウンセリング
診察において、しみの状態を確認します。治療の方法や経過について説明します。
2.レーザー治療
レーザー治療を行います。
治療中にパチンとはじかれるような痛みがありますが、我慢できないような痛みはありません。
3.治療後
治療した部分は、薄いカサブタもしくは内出血の状態になります。。
4.アフターケア
治療後のカサブタは、5~10日くらいで自然に剥がれます。そのときの、治療後の処置の方法、ケアの方法を説明させて頂きます。カサブタがとれた後は、紫外線対策と予防ケアをおこなっていただくと効果的です。
しみの状態によっては、追加の治療が必要になることがありますので、その場合には、2~3か月後に、治療を行います。

 

トーニング治療

肝斑の場合は、顔の広い範囲のシミが気になる場合には、トーニング治療をおすすめします。
専用のレーザー治療にて、肌のダメージをあたえず、メラニン顆粒を治療します。1週間毎に4~5回程の治療を必要とします。治療期間中は、紫外線対策と、飲み薬、塗り薬の治療を併用して効果を高めます。

TRI-BEAM

トーニングの治療においては、トップハットの照射のできるQスイッチYAGレーザーで治療を行います。肝斑に対するトーニング治療は、その治療機器でないと治療できないからです。
当院では、トライビーム(TRI-BEAM)によるトーニング治療により、肝斑の治療を行なっています。
トーニング治療では、肝斑だけでなく、肝斑以外のシミに対しても効果があるため、顔全体の色調が改善します。
また、モードを変更することにより肌の質感や唇の質感の改善も行えます。

肝斑治療

1.診察・カウンセリング
診察において、肝斑の状態を確認します。治療の方法や経過について説明します。
2.トーニング治療
トライビームにてレーザー治療を行います。
治療中に痛みを感じることはほとんどありません。
同時に、肌質の治療を行うこともできます。
3.治療後
治療した部分は、ほんのり赤みがありますが、そのまま化粧をしてお帰りいただくことができます。
4.アフターケア
肝斑の治療には、トーニング治療の他に、紫外線対策と飲み薬をあわせて治療を行い効果を高めます。トーニング治療は、1週間に1回ずつ、4~5回おこないます。

 

外用薬

しみの治療として、塗り薬による治療を行います。レーザー治療の後や、同時に使用することもあります。
ハイドロキノンはしみの原因であるメラニン色素の合成を阻止する働きがあります。継続して使用していただくことで、効果を発揮しますが、単独の治療では効果が弱い場合もありますので、他の治療を並行して行なって、気になるしみを改善させます。

 

内服薬

炎症後色素沈着や肝斑においては、内服薬を用いて治療します。
トーニング治療の治療期間中や、治療前の準備期間にも服用して頂き、治療の効果を高めます。
使用する薬剤としては、トラネキサム酸、ビタミンC、ビタミンE、等をシミの状態にあわせて処方します。

 

プラセンタ注射

ヒト胎盤から抽出された製剤です。
美白・美肌、育毛、白髪等のアンチエイジング効果を目的として使用されています。
1週間に1回からの治療がよいです。

 

しみ・肝斑対策点滴

シミや肝斑、くすみが気になる方にお勧めの点滴です。
ビタミンCにトランサミン、ビタミンH等を配合した点滴で、シミ・肝斑対策サプリメントと併用するとより効果的です。

 

ニドークリニック名古屋の予約
お問い合わせ・ご予約は、電話052-963-0210 料金表 親権者同意書

診療時間

9:30~18:00 (予約制)

休診日

月・木曜日
土日祝日診療

診療日

Calendar Loading
Calendar Loading